2016年12月15日

協和コンサルタンツが開発した世界初の水力発電技術『相反転方式』...って何?→答え



用水路みたいな水力の小さそうな場所でも発電を可能にした、協和コンサルタンツが開発した世界初の水力発電技術『相反転方式』を使用した発電機が販売され始めたのが今年の10月。

この『相反転方式』ってどんななのかな?と思ったのですが、協和コンサルタンツの公式サイトに説明がありました。

小水力発電技術のご紹介 小水力発電コンサル - 株式会社協和コンサルタンツ

簡単に言うと、内側と外側で部品が逆回転するように作ってるから発電効率も二倍になるよ!って事ですね。

時速60km/hで走る二台の車同士がすれ違うと、すれ違った時のスピードは時速120km/hになる、みたいな。

そのおかげで、ちょっとの水流があれば効率良く発電できるようになったと。

また、内と外で部品が反対側に回転してるから、機材のバランスをとるのに大きな力を必要としないのも特徴。

そのおかげで、簡単工事で省スペース設置もできるようになったと。

世界初ってのがまた素晴らしいですよね。

施工例のご紹介 小水力発電コンサル - 株式会社協和コンサルタンツ

スポンサード リンク
 


posted by 正宗 at 01:24 朗報ジャパン >> 発電
スポンサード リンク
PAGE TOP ▲