2016年07月07日

収集作業の効率化で人的負担とコストを大幅削減!太陽光発電による「スマートゴミ箱」長崎県のハウステンボスリゾートで実証実験開始



電力販売もしているハウステンボスですが、面白い取り組みを新たに始めたようです。

それがハウステンボスリゾート内に設置されたスマートゴミ箱と呼ばれるもの。

日本システムウエアという会社と共同での実証実験です。

スマートゴミ箱がどういうものかと言うと、ゴミ箱の天板に太陽光パネルを取り付け、自力で発電した電気を使ってゴミ箱内に蓄積されたゴミの量を無線で送信できる装置です。

さらに、ある程度ゴミが蓄積されると自動でゴミを圧縮する機能付き。

これらの機能により、適切なタイミングでゴミの収集を行えるようになります。

結果として人的負担と回収コストを安く済ませる事が出来るようになるというもの。

国内の事例としては、今年の一月から東海大学の高輪キャンパスで既にスマートゴミ箱を導入していたようですね。

単にゴミの収集作業を効率化するだけでなく、どのようなゴミがどのように捨てられるのか?という部分もデータ化して製造段階へフィードバックを送るという使い道もあるとのこと。

ナイスですね。

ハウステンボスとNSW、スマートゴミ箱の共同実証実験を開始 | 日本システムウエア株式会社

ハウステンボスと NSW、スマートゴミ箱の共同実証実験を開始 〜IoT技術を活用し、「わくわくするゴミ箱」の開発を目指す〜<PDF>

「スマートごみ箱」を導入しました|東海大学




スポンサード リンク
 


posted by 正宗 at 22:17 朗報ジャパン >> エコロジー
スポンサード リンク
PAGE TOP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。