2015年10月15日

え?これマジ?『炭酸ガスと水を使い効率的に石油を合成』今中忠行教授の明日はどっちだ?



いやはやこれ本当なんですかね?

ちょっとにわかには信じられないんですけど、京都大学名誉教授(ならびに立命館大学総合理工学院・生命科学部 生物工学科教授でもあるそうです)の今中忠行教授らの研究グループが、炭酸ガスと水を使い効率的に石油を合成することに成功したと発表しました。

【京都】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 - 緑のgoo

「水と二酸化炭素から炭化水素燃料を効率的に生成する方法」が発表される | 研究・開発 - スラッシュドット・ジャパン

今回の今中忠行教授の発表を簡単に説明するとこんな感じです。

1:水7リットルと石油3リットルを混ぜて、合計10リットルの混合液体を用意する。

2:混合液体に炭酸ガスを混ぜる。

3:その結果、水が6リットルで石油が4リットル(=合計10リットルなのは変わらない)の混合液体となりました!


おいおいマジか?

化学として正確な考察を重ねるだけの素養は私にはありませんが、ただ一つ言える事はこの発表が正しかろうが間違っていようが今中忠行教授は今後確実に立場が危うくなるだろう、という事です。

この発表が正しくて簡単に石油が増産出来るようになるなら、石油利権を握っているスーパーVIPが真夜中に今中忠行教授の自宅のインターフォンを鳴らしに来るのではなかろうか。

そして、この発表が間違ってれば、今中忠行教授は割烹着を着せられてマスコミの前で涙ながらに「石油合成は出来まぁす!」と言わされる羽目になるのではなかろうか。

どちらにしてもヤバいですが、どちらかと言うと前者の方が世間に対する貢献度が圧倒的に高いので、今中忠行教授の発表が正しい事を祈りつつ身の安全の確保にも最善を尽くしてほしいと思わざるを得ません。

フリーエネルギー革命よ、来たれ!!(なるだけ安全運転で)

立命館大学 生命科学部 生物工学科 環境バイオテクノロジー研究室

スポンサード リンク
 


『資源』カテゴリの最新記事
posted by 正宗 at 06:48 朗報ジャパン >> 資源
スポンサード リンク
PAGE TOP ▲