2012年10月03日

スマートハウス凄い!自家発電で電気が余るってマジですか



積水ハウスのスマートハウスなるものがビックリするほど凄いです。

焦点となるのはグリーンファーストハイブリッドという電力供給システムなのですが、コレのおかげで使用する電力よりも自家発電で創った電力の方が多くなるとの事。

マジですかー。

余った電気は電力会社に売る事が出来るそうです。

グリーンファーストハイブリッドの仕組みは燃料電池と太陽光発電と蓄電池の組み合わせで成り立っていて、最も適切な電力供給源を自動で切り替えてくれる楽チン設計。

燃料電池の燃料はガスで、お湯を同時に湧かしている事から、どうやら給湯システムに組み込まれているみたいです。

電力会社から引かれている電気の使用優先順位は当然最後の最後。

家そのものの話なので買うにしても当然安い買い物では有りませんが、これはもっともっと全国に広がって欲しい。

設置が大変等ハードルは高いかもしれませんが、システムだけ安価で販売とか出来ないんですかね?

積水ハウスも他メーカーも超頑張って下さい。

Green First HYBRID(グリーンファースト ハイブリッド) | 戸建住宅 | 積水ハウス

仙台「スマートタウン」発電が消費の1.7倍 余剰電気は売電




スポンサード リンク
 


posted by 正宗 at 11:57 朗報ジャパン >> 発電
スポンサード リンク
PAGE TOP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。